クラシカル |Candle・R 鈴木りゑ

Candle・Rの伝統文様

七 宝

七宝

七宝 移菊

七宝

七宝 櫨紅葉

七宝 脂燭

七宝 脂燭

七宝

七宝 残菊


「七宝」とはもともと仏典での用語で、大変貴重だった七珍のことです。

その七つの宝物は経典によって説が分かれますが「無量寿経」では、金・銀・瑠璃(るり)・玻璃(はり)・しゃこ( )・瑪瑙(めのう)・珊瑚(さんご)をいいいます。

「法華経」では、玻璃・珊瑚を除き真珠・まいかい( 瑰)を入れます。

七宝を構成する円形は円満を示す事から吉祥文様とされます。

七宝は同じ大きさの円の円周を四分の一ずつ重ねて繋いでいく文様で、
これを連続して規則正しく配列すれば七宝つなぎとなり、刺繍や友禅染の図案の中で空間を埋め、華やかな色彩を加える役割を果たします。

七宝文様は単純な紡錘円の繰り返しですが、その文様の中に花菱を入れたり、ほかの文様と組み合わせることも多く、前述のように図案に空間を埋めるだけでなく、七宝文様そのもので図案となる場合もあります。

七宝蝋燭の配色はかさねいろ目「移菊」、「櫨紅葉」、「脂燭色」、「桔梗」、「残菊」等を使用しています。

籠 目

籠目 蓬

籠目 蓬

籠目 藤

籠目 藤

もっとも単純に編んだ竹籠の網目から生じた文様です。

地紋だけでなく、蛇籠の連想から葦・柳・水鳥など水辺の風物ととりあわせて意匠化されることも多い文様です。

網目の一つを紋章化した正三角形を上下に重ねた星型の形は邪を払う力があるとされ、魔よけの印として使われたりもします。

またこれは六芳星と呼ばれています。西洋では古代ギリシャ時代よりユダヤ教のシンボルとして知られています。

籠は本来入れ物ではなく、呪具であるという説があります。そもそも籠は竹で作られるものであり、この竹細工文化は東南アジアから中国南部そして日本にかけてのものです。今日でも東南アジア各地には、呪具としての「籠目」があり、悪霊を祓うものとされています。

籠目

籠目 蓬(反対色)

籠目

籠目 桃

思い起こしますと、わたくしが伝統文様に見せられたのは、切り子グラスの八角籠目を目にしたのが始まりでした。

蝋燭の配色はかさねいろ目、「蓬」、「藤」等を使用しています。   


麻 の 葉

麻の葉

麻の葉 濃紺×黄色

六角形を基本として連続させた幾何学文様で、その形が麻の葉に似ていることからこの名前があります。
また、麻が真直ぐに伸びることから子供の産着に麻の葉文様のついたものを着せる風習がありました。着物に限らず帯や襦袢、袋小物に頻繁に用いられました。

麻の葉文様は古くは平安時代の仏像の切金文様のなかや、鎌倉・室町時代の繍仏(刺繍によって仏像や菩薩などをあらわしたもの)のなかにもみられます。

江戸の文化・寛政年間に歌舞伎役者の岩井半四郎が「八百屋お七」に、嵐璃寛が「お染」役に麻の葉文様の衣装をつけ大流行しました。
それ以来鹿の子絞りの麻の葉文様と黒繻子を組み合わせた昼夜帯などは町娘役に欠かせない文様となり若い娘の代表的な柄となりました。

麻の葉

麻の葉 赤朽葉

麻の葉

麻の葉 女郎花


蝋燭の配色はかさねいろ目「女郎花」と、わたくしオリジナルの「濃紺×黄色」等を使用しています。


亀 甲

亀甲 海松色

亀甲 海松色

亀の甲羅のような六角形の文様で、日本では長寿吉兆の象徴「鶴亀」に結びつくため、非常に愛され・多用されている吉祥文様の一つです。

単独のものが亀甲形で、上下左右に続けた連続文様は亀甲つなぎといいます。亀甲形の中に花や卍などを配したものも多くあります。

亀甲文様の歴史は古く、日本では正倉院宝物裂の中に描かれていたり、西アジアでは紀元前のレリーフに見られます。

日本においては平安時代に有職文様として定着し、その後織部陶器や能装束・小袖の小紋に使われ、今でも日常生活の中で帯締や帯地などでよく目にする文様の一つです。

亀甲文様には多くの派生文様があり、単純な六角形をつなぎ合わせた亀甲つなぎ・その六角形の中に花弁をあしらった亀甲花菱・亀甲を三つ組み合わせた毘沙門亀甲など多くの派生文様があります。

亀甲 海松色

亀甲 海松色

亀甲 若楓

亀甲 若楓

また亀甲の形が綺麗である事から紋章にも多く使われ、出雲大社の紋(亀甲に花菱)などに使われています。

蝋燭の配色は、かさねいろ目の「海松色」、「松重」、「若楓」等を使用しています。


五 色 水 玉

伝統文様ではありませんが、仙台では、伊達家陣羽織に代表される、五色水玉を蝋燭のデザインを応用し取り入れました。

紫紺に五色水玉とは、なんと派手で粋な文様か、現代でも水玉文様はたくさんの物にほどこされています。

五色水玉

五色水玉

わたくしは仙台で生まれ、仙台で育ち、暮らし、この五色水玉文様のすばらしさを再発見するに至りました。陣羽織の色目とは違う、五色水玉の灯りをご覧いただきたいと思います。

配色は2種類です。縹色に五色水玉で昔の子供の着物をイメージしてオリジナルにて制作いたしました。
もうひとつは、茶とうす水色のグラデーションに五色水玉を配し、それは土・空・風・水と、それに火が灯る・・・わたくしの感覚を表現いたしました。



TOP