魔法の蝋燭(ろうそく) | Candle・R 鈴木りゑ

上手な蝋燭の灯し方

蝋燭の上手な灯し方をご紹介します。
上手に灯すことで、より蝋燭を長くきれいな状態で保つことができますし、お直し(リペア)もキレイにできます。

芯の長さ5ミリ位を目安にして灯します。
火を点ける時は芯と蝋の接地部分に炎を近づけて点けます。
灯していくと芯を中心に円形に蝋が溶けていきます。
時間が経つにつれ、蝋は溶けながら、炎が蝋燭の中に沈んでいきます。
直径が7cmくらいになったら、一度芯の長さを確認してください。
※ 芯が長い状態で灯していると、炎が大きくなり、外側の装飾部分が溶けてしまいます。
※ 炎が大きいときは一度灯を消し、芯をはさみで5ミリ程度にカットして、また灯してください。
灯を消すときは蝋消し等を利用して芯を挟んで消してください。
※ 吹き消すと、芯が倒れて、次回灯す時に火をつけられなくなったり、炎が蝋にあたって、煤がでる原因となります。

火は生き物です、風向きやその場の環境で、人間の意図どおりには動いてはくれません。 炎が片方によってしまう場合は、蝋消しなどで芯を動かしてあげると灯り方も変わります。

芯が短くなってしまった場合

芯が短くなり、蝋に埋まって炎が小さくなってしまう場合があります。

そのときは一旦火を消し、中にたまっている蝋を紙コップなどに流します。
そうしますと埋もれていた芯が出てきますので、長さを調節し、再度火を灯して下さい。

煤の出る原因と対処法

煤の出る原因はいくつかありますが、芯が長すぎると、必要以上に炎が大きくなり、蝋壁に炎がぶつかり、煤がでます。

煤が出てきたら、芯の長さを確認し、必要であればカットして下さい。


TOP